本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 熱中症の基礎知識 > 熱中症と頭痛

熱中症と頭痛 熱中症の基礎知識


熱中症と頭痛

真夏に屋外で活動していると、大量の汗をかいたり、
のどの渇きを感じることが多いと思います。

これらは脱水症状の初期症状ですので、この時点で涼しい場所で休憩し、
水分補給などの対処をすれば、熱中症にならずに回復します。

でも、暑い中で汗をかく、のどが渇くことは当然の事と思って
何も対処しないと、熱中症になってしまいます。

熱中症の自覚症状として多いのは、めまいや頭痛です。

特に注意する必要があるのは、頭痛が症状として出た時です。

熱中症の重症度の分類では、めまいはT度で軽症に
分類されますが、頭痛はU度の中等症に分類されます。

U度の場合、病院を受診して点滴などの治療を受ける必要があります。

熱中症になり頭痛を感じたら、どのような対処をすれば良いのでしょう。

もちろん、先ほど述べたように病院に受診するのは当然のことです。

それ以外にも、自分でできる対処法をご紹介します。


熱中症になると、体内の水分が失われていて、
脱水症状を引き起こしていますので、水分補給が必要になります。

汗には水分と共に塩分も含まれていますので、
塩分を含んだスポーツドリンクを飲むと良いでしょう。

また、頭痛が起きているということは、体温が上がり、脳がヒートアップ
している状態ですから、速やかに身体や脳を冷やす必要があります。

体温が高いまま放っておくと、脳細胞が破壊されてしまいます。

脳細胞は、不可逆的で再生しませんので、
後遺症が残ってしまう可能性があるのです。

身体を冷やすためには、涼しい場所で休憩を取ったり、
保冷剤を使うことが有効です。

保冷剤を使って身体を冷やす場合には、
大きな動脈が通っているところを冷やしましょう。

特に脇の下や首の前の部分には、脳に直接つながる動脈が
通っていますので、その部分冷やすと効果的ですよ。

また、熱中症から回復した後も、
数日間〜1週間ほど頭痛に悩まされる場合があります。

これは熱中症になったことにより、
自律神経が乱れてしまったことが原因の場合があります。

熱中症になってしまったら、あまり無理をせず、規則正しい健康的な生活を
送るようにすれば、身体の機能も回復し、自律神経も整ってくるでしょう。

PR




関連記事


 → 熱中症に効果的な飲み物
 → 熱中症予防には、牛乳を飲もう!
 → 熱中症測定器を活用しよう



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。