本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 熱中症 予防と対策 > 熱中症に効果的な飲み物

熱中症に効果的な飲み物 熱中症 予防と対策


熱中症に効果的な飲み物

2012年の7〜9月の3ヶ月間に、熱中症で救急搬送された人は、
全国で43864人にも上ります。

これは救急搬送された人の数なので、
実際の熱中症患者数は、さらに多いと考えられます。

また熱中症は、
夏の屋外での運動や労働時にだけ起こるものではありません。

住宅など屋内にいても、熱中症になるリスクはありますので、
熱中症は他人事ではなく、誰でも熱中症になる可能性がある
身近な病気と言えるでしょう。

熱中症を予防するには、水分補給が欠かせません。

熱中症予防に有効な飲み物といえば、スポーツドリンクですよね。

なぜ、水やお茶ではなく、スポーツドリンクが有効なのでしょう?

人間の体液に含まれているものは、水分だけではありません。

ナトリウム(塩分)やカリウム、カルシウムなどのイオンも含まれています。

そして、熱中症になりやすい高温環境下では、汗をかきますよね。

汗には、水分とナトリウムが含まれています。

つまり、汗をかくと体内から水分とナトリウムが失われていくのです。

スポーツドリンクには、水分とナトリウムが含まれていますので、
運動時や高温環境下など大量に汗をかく時には、非常に有効な飲み物と言えます。

熱中症に有効なスポーツドリンクですが、市販のものをそのまま飲むより、
さらに効果を高める方法があります。

それは、市販のものを2倍〜3倍に薄めて飲む方法です。

市販のスポーツドリンクのほとんどが、
体液と同じ浸透圧の濃度(アイソトニック)で作られています。

体液と同じ浸透圧だったら、体に負担をかけずに吸収されやすいと
思うかもしれませんが、実は体液より低い浸透圧の濃度(ハイポトニック)
のほうが吸収されやすいのです。

市販のスポーツドリンクは、アイソトニックのものが多いですが、
上記のように自分で2〜3倍に薄めれば、ハイポトニックになります。

熱中症予防のためには、
水分とナトリウムを早く体内に吸収させる必要がありますので、
一手間かけて市販のスポーツドリンクを薄めて飲むようにしましょう。

このハイポトニックの飲み物は、自分で作ることも可能です。

水1リットルに塩小さじ1、砂糖大さじ4を混ぜるだけです。

目安としては、水に対し塩は0.1〜0.2%、砂糖は2.5〜3%です。

また、最近ではドラッグストアなどで
ハイポトニック飲料を売っていますので、それを利用しても良いでしょう。

PR




関連記事


 → 熱中症には塩分補給
 → 熱中症予防には、牛乳を飲もう!
 → 熱中症予防のための水分補給



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。