本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 熱中症 予防と対策 > 熱中症の対策

熱中症の対策 熱中症 予防と対策


熱中症の対策

熱中症というと、暑い環境の中で「クラクラする」、
「ちょっと頭が痛い」程度の病気を思い浮かべるかもしれません。

でも熱中症で死亡する人は、毎年350人以上もいます。

熱中症は油断すると、死に至ったり、脳に後遺症を残す恐ろしい病気なんです。

でも、正しい知識を持って、しっかり対策をしていれば、
熱中症は予防することができますし、熱中症になった場合でも、
正しい処置を行えば重症化を防ぐことができます。

自分や家族、周囲の人が熱中症にならないために、
発症しても重症化しないために、熱中症の対策方法を知っておきましょう。

まずは、予防のための対策からです。

熱中症は、高温環境下で体内に熱が溜まり、体温が上昇することで起こります。

そのため、体内に熱を溜めない、熱を放散させるようにすれば良いのです。

具体的な方法の一つ目は、水分を補給することです。

暑いところにいると、人間は体温を下げるためにたくさん汗をかきます。

汗をかいているのに、水分を補給しなければ、体は脱水症状になり、
体温調節機能は低下し、熱中症になってしまいます。

また、大切なことは「喉が渇いた」と思う前から、
こまめに水分補給をすることです。

熱中症予防法の2つ目は、暑さを避けることです。

これは、基本中の基本と言えるでしょう。

日陰を選んで歩くこと、日傘や帽子を使うこと、屋内では空調を上手に
利用すること、吸汗・速乾素材の涼しい服装にすることなどが挙げられます。

あまりに暑い日は、日中の外出は控えるなどの対策も重要です。

また最近は、昔ながらの打ち水やすだれの有効性も見直されてきていますし、
ゴーヤなどのつる植物を用いた緑のカーテンも室内の温度を下げるために
広まってきています。

次に熱中症の重症化を防ぐ対策、つまり応急処置についてです。

めまいや頭痛、吐き気などの熱中症の症状が出たら、
とにかく涼しいところに移動して、水分補給に努めましょう。

汗と一緒に塩分も失われていますので、
スポーツドリンク等塩分が入ったものが良いでしょう。

意識障害のある場合や、これらの対策をしても回復しない場合は、
すぐに病院を受診し、治療を受ける必要があります。

重要なことは、熱中症を甘く見ないことです。

「たぶん大丈夫だろう」との判断が、熱中症の重症化を招き、
後遺症が残ったり、場合によっては死に至ることもあります。

正しい応急処置を行うこと、素人判断をせずに病院を受診することが、
熱中症の重症化を防ぐのです。

PR




関連記事


 → 熱中症の対策グッズ
 → 熱中症予防のための水分補給
 → 熱中症測定器を活用しよう



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。