本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 熱中症 予防と対策 > 熱中症の対策グッズ

熱中症の対策グッズ 熱中症 予防と対策


熱中症の対策グッズ

最近は、節電ブームですね。

特に2011年の東日本大震災以降は、各企業・家庭で節電するのが当たり前、
不要な電気は使わないという流れになっています。

確かに、節電は大切なことですが、クーラーを全く使わないなど
行き過ぎた節電で屋内での熱中症患者が増加しているんです。

熱中症は、屋外の暑い日差しの下で運動をすると罹るもの、
屋内にいれば安心と思っていませんか?

熱中症は、高温多湿の環境で起こります。

つまり、日差しがなくても、暑く、湿度が高い場所だったら、
熱中症になる危険が高いのです。

2010年の厚生労働省のデータでは、熱中症患者の約40%が住宅で発症
していますし、65歳以上の高齢者の場合は、半数以上が住宅での発症です。

確かに節電は大切なことですが、節電によって熱中症になり、
健康を害してしまっては、意味がありません。

節電をしつつ、熱中症を予防するには、
熱中症対策グッズを上手に利用するのが良いでしょう。

屋内用の熱中症対策グッズとして、近年注目を集めているのが、
すだれや緑のカーテンです。

すだれは、日本では昔から日よけとして使われていますよね。

直射日光が当たるかどうかで、室内の温度はかなり違ってきます。

最近ではすだれにアルミ加工を施して、
さらに遮光性を高めたものも販売されています。

また、ゴーヤなどつる植物を使った緑のカーテンも
ここ数年で日本中に広まってきていますね。

遮熱や断熱効果があるだけでなく、植物の葉からの気化熱効果もあるので、
室内での熱中症対策には有効です。

気化熱作用によって水に濡らすと長時間ひんやりするタオルも、
熱中症対策グッズとして人気です。

首に巻いておけば、手軽で簡単に身体を冷やすことができます。

これ以外にも、従来からあるアイスノンなどのアイス枕や
冷却剤も熱中症対策に効果が高いですよ。

また、気温と湿度を測ることによって、
熱中症の危険指数を教えてくれる熱中症計もありますので、
これを室内において熱中症予防の目安にするのも良いですね。

これらの熱中症対策グッズを上手に利用して、
節電をしながら熱中症を予防しましょう。

PR




関連記事


 → 子供の熱中症には注意
 → 熱中症に高齢者が多い理由
 → ペットの熱中症



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。