本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 熱中症 予防と対策 > 工事現場での熱中症対策

工事現場での熱中症対策 熱中症 予防と対策


工事現場での熱中症対策

真夏の工事現場は、熱中症による事故が起きやすい環境にあります。

理由としては、工事現場には、基本的に日陰になる場所が少なく、直射日光を浴びながら作業を余儀なくされることや、安全第一のため、警備員や作業員、大工の服装は、長袖長ズボンで厚手の生地のものが多いからです。

では、熱中症による事故を防ぐため、工事現場でできる熱中症対策をご紹介します。


まずは、職場全体で行う熱中症対策からです。

まずは、作業開始前に作業員の健康チェックを行うことです。

睡眠不足や二日酔い、体調不良のまま、屋外での作業に取り組むと、熱中症になるリスクは高くなります。

作業開始前にそのような作業員を発見したら、作業場所や内容を考慮する必要があります。

また、暑さ指数(WBGT)を有効活用しましょう。

暑さ指数を毎日チェックし、熱中症になるリスクが高い日には、いつもよりもこまめに休憩を取る、単独作業は避ける、作業時間を涼しい時間に変更するなどの対策を採らなくてはいけません。

さらに、水分・塩分補給も職場全体で促すようにしましょう。

具体的には、水分補給の確認表を作成したり、水分補給の声かけを行う等の対策があります。


上記の3つが職場全体で行う対策ですが、次に個人単位で行う対策をご紹介します。

1つ目が、体温を下げる工夫をすることです。
警備員や大工は、どうしても長袖長ズボンで作業をしなければいけませんが、その中でも吸水性の良い綿の生地を選んだり、通気性の良い服を着るようにしましょう。

また、いつもより襟元を緩める、黒っぽい服は避けるなどの工夫も効果的です。

また、ネッククーラーやクールインナーなどの熱中症対策グッズを使うと、体温の上昇を抑えることができます。

2つ目が、水分と塩分をこまめに補給することです。
休憩時間を待って、水分を補給するのではなく、ほんの少し手が空いたタイミングを見計らって、こまめに水分・塩分補給をするようにしましょう。

水分・塩分補給には、スポーツドリンクが適していますが、塩飴や熱中症タブレットを併用すれば、水や麦茶で水分補給をしてもOKですよ。

3つ目が、体調管理をしっかり行うことです。
寝不足や体調不良は、熱中症を招く原因です。炎天下で作業予定がある場合は、いつも以上に体調を整える配慮をし、もし体調が思わしくない場合は、早めに上司に告げるようにしましょう。

PR




関連記事


 → 熱中症予防のための水分補給
 → 熱中症に効果的な飲み物
 → 熱中症予防には、牛乳を飲もう!



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。