本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 運動・スポーツ中には注意 > プールで熱中症?

プールで熱中症? 運動・スポーツ中には注意


プールで熱中症?

夏になると、注意しなければいけないのが熱中症ですよね。

熱中症は、高温環境下で体内の水分と塩分が失われ、
様々な障害が出てくる病気のことです。

2012年には7〜9月の3ヶ月間で43864人の人が、
熱中症のために救急搬送されています。

子供たちの夏休み中、プールや海で遊ぶ機会は何度かあると思います。

子供が屋外で遊ぶ時は、熱中症に注意する保護者の方も多いと思いますが、

プールで遊んでいる時は、「水の中に入っているから、体も冷えているだろう」
との理由で、油断していませんか?

プールの中で遊んでいる時でも、熱中症になるリスクは高いのです。

プールの環境を考えてみましょう。

屋外プールは、外に設置されていますので、休憩場所などの一部分以外は、
直射日光が当たります。夏の直射日光は、熱中症の原因の一つです。

また屋内プールの場合、直射日光は当たりませんが、室温は30度前後、
湿度は90〜100%近くになるので、かなりの高温多湿環境となっています。

高温多湿環境下では、体の熱が逃げにくいので、熱中症になりやすいのです。

また水泳中は、水中にいるため汗をかいている実感がないと思います。

でも、水中にいても運動していれば、汗をかくんです。

特に水中は体にかかる負荷が大きいですから、その分汗もかきます。

1時間の水泳で600mlの汗をかいたとの実験データもあります。

水泳以外の運動だったら、本人に汗をかいているという実感がありますが、
水泳の場合は汗をかいたという実感がないため、水分補給を怠り、
脱水症状になりやすいのです。これは水泳だけでなく、幼児の水遊びでも同様です。

プールでの熱中症予防のためには、やはり水分補給を行うことが一番です。

その水分も、スポーツドリンクなど塩分が入っているものが良いでしょう。

また、こまめに休憩することも重要です。公営プールの場合、
1時間に10分程度の休憩時間が設けられているところもありますが、
自主的に30分に1回は休憩を入れるようにしましょう。

子供たちはプールで夢中になって遊んでいると、
のどの渇きや体調の変化を訴えないこともありますので、
保護者が注意して水分補給や休憩を促し、熱中症予防対策をする必要があります。

PR




関連記事


 → 部活中は、熱中症に注意
 → スポーツ中の熱中症とその予防法
 → 長距離運転と熱中症



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。