本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 運動・スポーツ中には注意 > 長距離運転と熱中症

長距離運転と熱中症 運動・スポーツ中には注意


長距離運転と熱中症

熱中症は、屋外での運動や工事現場での肉体労働時に
起こると思っていませんか?

確かに、屋外の暑い場所で体を動かすと、
熱中症になるリスクは高いですが、
屋内で体を動かさない時にも熱中症になる危険はあるのです。

例えば、車の運転中です。

特に長距離トラックの運転手は、
熱中症になりやすい環境にいると言えるでしょう。

運転中に熱中症にかかるなんて、ちょっと意外ですよね。

でも、長距離運転中の環境や熱中症の原因などを詳しく見てみると、
長距離運転中は熱中症になりやすいことが納得できると思います。

まず長距離運転中でも、夏場は直射日光も当たりますし、
環境対策やガソリン代の高騰からエアコンの使用を控えめにしたり、
アイドリングストップ時はエアコンを使わないケースが増えています。

そうすると、車内は温度が高くなり、熱中症のリスクは増えます、

また、運転中はトイレに行く回数を減らすため、
水分摂取を控える人が多いのです。

運転に集中していると、
自然と水分摂取を忘れてしまうことがあるようです。

さらに長距離運転をすると、かなり疲れますよね。

特に夏場は、寝苦しかったり
食欲不振などで体調が優れないことも多いですし、

トラックの長距離運転手は昼夜関係なく
長時間続けての運転を強いられることがあります。

体調が悪いとき、疲労がたまっている時は、
健康時に比べて熱中症にかかりやすくなります。

このような条件が重なるため、
長距離運転中は熱中症になるリスクが高いのです。

だからといって、
夏場の長距離運転を禁止にするというわけにはいきませんよね。

長距離運転をしながらも、自分でできる対策を行って、
熱中症を予防するようにしましょう。

1つ目の予防方法は、意識的に水分補給を行うことです。

脱水は熱中症の大敵ですので、トイレの回数は気にせず、
運転中でも水分を取りましょう。

トイレが心配になるかもしれませんが、サービスエリアやコンビニ、
公衆トイレの場所を事前に調べておけば、大丈夫ですよね。

2つ目は、熱中症対策グッズを使うことです。

水にぬらして首に巻くとヒンヤリするタオルやアイス枕や保冷剤などを使って、
アイドリングストップ中などエアコンを使えない時でも、
これらの対策グッズを使えば熱中症のリスクは下げられます。

また、塩飴を舐めながら運転すると、塩分補給もできるのでおすすめですよ。

PR




関連記事


 → 熱中症予防のための水分補給
 → 熱中症の対策グッズ
 → 高血圧の人は、熱中症になりやすい?



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。