本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 子供・高齢者は要注意 > 高血圧の人は、熱中症になりやすい?

高血圧の人は、熱中症になりやすい? 子供・高齢者は要注意


高血圧の人は、熱中症になりやすい?

高血圧は、生活習慣病を代表する疾患です。

厚生労働省による平成20年の調査によると、
日本の高血圧患者は796万7000人にものぼります。

成人の3人に1人が、高齢者の場合は3人に2人が、
高血圧を患っているとも言われています。

高血圧になると、心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳卒中、
腎不全などのリスクがありますが、
実は熱中症にあるリスクも健康な人に比べて高いのです。

高血圧と熱中症なんて、一見無関係に見えますが、
高血圧の治療をしている人は、
減塩食にするなど塩分の摂取を控えている場合が多いのです。

熱中症と塩分だったら、関係がありますよね。

高血圧の人は、もともと塩分を控えている人が多いですが、
人間のには体内に塩分が少ないと、その低い塩分濃度に合わせようとして、
水分を体外へ排出しようとする機能があります。

つまり、高血圧の人は健康な人に比べて、体内の塩分濃度が低く、
水分も少ない傾向にあります。

このような状態の人が、高温環境下で大量に汗をかいたらどうなるでしょう?

汗には、水分一緒に塩分も含まれていますので、
もともと少ない水分と塩分が、さらに少なくなるのです。

そうするとすぐ脱水症状になり、体温が上がって熱中症になりますよね。

そのため、高血圧の人は、熱中症になりやすいのです。

また、熱中症予防には塩分の含まれたスポーツドリンクなどが効果的
なことは、皆さんよくご存知かと思います。

でも高血圧の人は、塩分を摂取することを控えようとして、
スポーツドリンクではなく、普通の水やお茶で水分補給をする人が多いのです。

塩分の含まれていない水やお茶では、体内への吸収が遅くなりますので、
より熱中症にかかるリスクが高くなってしまいます。

日本高血圧学会が提唱する高血圧患者の塩分摂取目標量は、1日6グラムです。

熱中症に効果的なスポーツドリンクの濃度は、
1リットルあたり塩分が0.1〜0.2%含まれているものです。

これは、市販のスポーツドリンクを2倍程度薄めた濃度になりますが、
1リットル中に1〜2グラムの塩が入っている計算です。

スポーツドリンクで1〜2グラム摂取しても、
3食の食事で十分調整可能ですよね。

熱中症になると、血管内の水分量が少なくなり、
血液がドロドロの状態になりますので、高血圧の人の場合、
心筋梗塞や脳梗塞のリスクがさらに高くなります。

塩分を控えることも大切ですが、熱中症にならないためにも、
塩分を計算して必要分はきちんと摂取するなど、
上手に熱中症予防をしていきましょう。

PR




関連記事


 → 熱中症に高齢者が多い理由
 → 室内でも熱中症になりますか?
 → 熱中症になりやすい体質



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。