本文へスキップ

熱中症情報サイトは熱中症予防・対策をサポートします!

トップ > 子供・高齢者は要注意 > ペット(犬・猫)の熱中症

ペット(犬・猫)の熱中症 子供・高齢者は要注意


ペット(犬・猫)の熱中症

暑い夏に注意しなければならないのが、熱中症です。

熱中症は、暑い中で体温調節機能がうまく働かなくなり、
体温が上昇して、様々な障害が発症する病気のことです。

軽症の場合は、その場の応急処置ですぐに回復しますが、
重症化するとICUでの高度な集中治療が必要となり、
脳に深刻な後遺症が残ったり、場合によっては死に至る恐ろしい病気です。

最近は、テレビや新聞、行政などが熱中症に関する注意喚起を
頻繁に行っていますので、熱中症予防への意識は高まっていると思いますが、
気をつけなければいけないのが、ペットの熱中症です。

犬や猫は、人間と比べて汗をかきません。

肉球以外に汗腺がないのです。

そのため、犬は口を開けて「ハァハァ」と呼吸することで、
熱を身体の外に逃がしていますし、

猫はできるだけ涼しい場所でダラリとすることで、
体温を上げない工夫をしています。

それでも、汗をかかないことには変わりありませんので、
人間と比べても熱中症になるリスクは高いと言えるでしょう。

特に注意しなければいけないのは、
閉め切った室内や車内に残しておく時です。

最近は、室内飼いも増えていますし、
ショッピングやドライブにペットを同伴する人も多いですよね。

家や車内にペットだけを残していく時、
クーラーなどの空調はどうしていますか?

近年の節電傾向や環境対策から、空調を切っていく人が多いと思います。

また、防犯対策から窓やドアは、しっかり閉めていくのも当然ですよね。

でも、閉め切った空間で空調が切られていたら、
室温はどんどんあがっていきます。

そのようなところに汗をかけない犬や猫がいたら、
すぐに熱中症になってしまいますよね。

体温が異常に高い、息苦しそうにしている、ぐったりしている、
よだれを垂らしたり泡を吹いているなどの症状が出ている場合は、
熱中症の可能性が非常に高いです。

室内の温度を下げる、水をかける、冷水を飲ませるなどの
応急処置をした後、動物病院へ連れて行きましょう。

ペットは家族の一員です。動物を飼う以上、
命に責任を持たなければいけません。

熱中症は人間だけがかかるものではないという意識をしっかり持って、
ペットの熱中症予防にも注意を払うようにしましょう。

PR




関連記事


 → 子供の熱中症には注意
 → 室内でも熱中症になりますか?
 → 熱中症の対策グッズ



熱中症はとても危険な病気です。毎年何人もの死者が出るほどです。たかが熱中症だとあなどっては決していけません。大切な人の命を守る、自分自身を守る為にも熱中症に関する正しい知識を持ち、しっかりと予防・対策を行いましょう。